地域新着情報一覧

2024.01.30

氷見の魚をもっと知りたくなる、
もっと食べたくなる探検館。
遊びながら、触りながら
「おいしいヒミツ」を新発見!

氷見の魚と漁業をテーマにした新感覚の体験型施設です。VR・AR・ハンズオン等を活用し、ゲーム感覚で氷見の漁業文化を学べます。天井から吊り下げられた全長70メートルの本物の越中式定置網は迫力満点です。4面大型スクリーンのVRシアターでは、『富山湾のしくみ』や『氷見の漁師体験』の大迫力映像が臨場感たっぷりに楽しめます。また、タッチパネル・パズル等で遊べるハンズオンコーナー、定置網内のプレートにスマホをかざすと魚の情報が出てくるARストリームなど見どころ満載です。その他、船大工が作った木造和船や漁具・昔ながらの民具等も展示しています。ご希望者には、館内ガイドがご案内致します。ひみの海を探検しに行こう![お問合わせ]氷見市漁業文化交流センター/〒935-0011 氷見市中央町7-1/TEL.0766-74-8018/営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)※入館無料/休館日 水曜(祝日の場合翌日)、祝日の翌平日、年末年始

氷見の魚をもっと知りたくなる、
もっと食べたくなる探検館。
遊びながら、触りながら
「おいしいヒミツ」を新発見!

2024.01.30

比美乃江大橋も一望できる憩いの
展望台「比美乃江公園展望台」

道の駅「氷見漁港場外市場 ひみ番屋街」に隣接した比美乃江公園内にあり、海にせり出した造りの展望台です。全高18m、展望台の高さは8mあります。その特徴的な形は、昭和10年ごろに大量に入ってきた大マグロを監視するやぐらを船の上に設けて漁が行われていたことから、「魚見やぐら」と「ヨット」がモチーフとなっています。階段を上がると正面に、海の安全と大漁を祈願した島「唐島」や、天候が良ければ立山連峰まで見通せます。2020年には自撮り用のカメラスタンドが設置され、円形の天板にカメラを載せて好みのアングルで撮影できるようになりました。人気のフォトスポットにもなっています。比美乃江公園内には、その他、アスレチック遊具広場や滑り台、ジャングルジム、ボルダリングなどもあり、屋外で遊べる貴重なスポットとして広く利用されています。また、屋外天然芝のフットサルコートやパークゴルフ場など充実した設備が整っています。ぜひ、ご活用下さい。[お問合わせ]比美乃江公園展望台/〒935-0004 富山県氷見市北大町25-4/TEL.0766-74-8076/駐車場3か所あり。(北駐車場、中央駐車場、南駐車場)/アクセス 能越自動車道氷見ICより車で約10分。氷見駅より徒歩約20分。

比美乃江大橋も一望できる憩いの
展望台「比美乃江公園展望台」

2024.01.30

漫画界のレジェンド 藤子不二雄Ⓐ
アートコレクションを堪能しませんか。

氷見市潮風ギャラリー(藤子不二雄Ⓐアートコレクション)は、氷見市出身の日本まんが界の巨匠・藤子不二雄Ⓐ先生の作品の数々を展示したギャラリーです。代表作の展示、トキワ荘時代の部屋の再現、コミックスの自由閲覧スペースのほか、まんがの世界に入り込むようなデジタル体験や、キャラクターとの写真撮影が楽しめるフォトスポットなど多彩なコンテンツで藤子不二雄Ⓐ先生の作品の世界観をじっくり楽しむことができます。氷見市では、藤子不二雄Ⓐ先生のまんがを生かしたクオリティの高いまんがのまちづくりを進めています。「氷見市潮風ギャラリー」や先生のキャラクターモニュメントが数多くある「まんがロード」などがある比美町・中央町を中心としたまちなかを「氷見市 藤子不二雄Ⓐまんがワールド」と総称しています。藤子Ⓐ先生の人気キャラクターと出会えるまち、氷見市にぜひ遊びに来てください。[お問合わせ]氷見市潮風ギャラリー/〒935-0011 富山県氷見市中央町3–4/TEL.0766-72-4800/開館時間10:00~17:00(入館は16:30まで)/休館日 年末年始(12月29日~1月3日)/入館料 大人200円(高校生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料)/アクセス JR氷見駅よりバス6分「氷見中央」下車すぐ Ⓒ藤子スタジオ

漫画界のレジェンド 藤子不二雄Ⓐ
アートコレクションを堪能しませんか。
ページトップへ